マイナンバー 義務 では ない

政府がマイナンバー「全口座ひもつけ」義務化! 「どうして全口座?一つでいいのでは?」 社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度について、政府は国民が開設する全ての預貯金口座情報とのひも付け(連結)を義務化する検討に入った。 マイナンバー法により、本人からマイナンバーの提供を受けるときは本人確認 が義務付けられており、個人情報保護法でも正確性の確保の努力義務が課されて いますので、誤りのないよう、マイナンバー取得時の確認の徹底をお願いします。 マイナンバーと預貯金口座のひも付けが義務化されていないのが一因だ。 【グラフ】マイナンバーカード交付枚数の推移 政府は今回の10万円給付に際し、申請手続きにはマイナンバーを活用しているが、口座振り込みには活用していない。 マイナンバーは、支払調書や源泉徴収票などの事務手続きで使用していきます。個人情報であるマイナンバーは、情報漏えいしないようにきちんとした保管や管理が求められるもの。いずれの事業者の方も、知っておきたいことに触れていきます。 一向に進まないマイナンバーについて安倍政権は、国と地方の公務員に今年度末までにマイナンバーカードを強制取得させる。携帯が必須な状況を増やす計画で、実質的な義務化である。 マイナンバーの普及率はいまだに1割程度で低迷している。